健康管理室業務

annualhc

令和4年4月1日付け環境安全保健機構の組織改編に伴い、従来の保健診療所は一般診療を終了し、より健康管理を意識した健康管理室として産業厚生部門の組織のもとで新たに運営していくこととなりました。

健康管理室では、皆さんの定期健康診断や健康相談、応急手当の対応を行います。

宇治と桂にある分室も吉田キャンパスと同様に健康管理室の各分室として、その役割を果たしていくこととなります。

 

【お願い】
 以前からいくつかの部局(宇治キャンパス含む)には、学生のケアを主たる目的として
 独自に保健室がおかれておりますが、最近、保健室の運営に関したお問い合わせが増え
 ております。
 部局の保健室に関するお問合せは、これまでどおり当該部局あてに問い合わせ願います。

 

主な業務内容 ※1

応急処置等

応急手当(または応急処置等)は保健室対応として看護師が行います。

学生健康診断

職員健康診断

健康診断証明書・健康診断書の発行  ※2

健康相談

近隣医療機関の案内(医師による紹介状は発行しません)

※1 従来行っていた各種ワクチン接種、海外渡航の際の予防接種など、一般診療の範疇で実施していた業務については廃止されました。

※2 吉田のみ実施

 

開室日時

吉田キャンパス 月~金 8:30~17:15(12:00~13:00閉館)
但し、祝日、創立記念日(6/18)、夏季一斉休業日及び年末年始(12/29~1/3)は除く ※3
宇治分室 予定表のとおり
桂分室 予定表のとおり

※3 その他事情により閉室することがあります(別途お知らせします)

 

急患発生時の措置

授業、課外活動中等で急患がでた場合は、以下のとおりご対応願います。

      1. 本人に意識はあり歩ける場合
        →近くの事務室に連絡し、休憩スペースを確保してもらい連れていってください。可能であれば近くの病院・クリニックに行ってください。
        判断がつかない場合は健康管理室(吉田・宇治・桂)まで問い合わせ願います。
      2. 本人に意識はあるが歩けない状態の場合や判断に迷った場合
        →周囲の方や同僚に助けを呼び、健康管理室(吉田・宇治・桂)まで連絡願います。
        健康管理室が閉室している場合は、状況に応じ119番通報で救急車を呼んでください。
        氏名、性別、具体的な場所(建物名、部屋名など)、状況(いつから誰がどんな状況か)を救急隊員に伝えてください。
        こんな症状が見られたらためらわずに救急車を呼んでください
        消防庁パンフレット(抜粋)
      3. 本人の意識がない場合
        →居合わせた者が、近くの事務室に至急連絡、複数人応援を呼んでください。一人に119番へ電話させ救急車を手配してください。一人にAEDを取りにいかせてください。
        AEDの到着後は、AEDが使える者を確認し、音声指示に従って対応してください。
        AEDの設置場所