KU Healthy Campus Project -Physical-
京都大学 ウォーキングチャレンジ 歩数途中経過2
京都大学 ウォーキングチャレンジ 歩数途中経過2

ウォーキングチャレンジ

Walk to the moon!!

皆さん、こんにちは。

早速ですが、皆さんは毎日どれくらいの距離を歩いていますか?
毎日の歩数に目標を持たれている方、特に意識していない方、様々かと思います。
今年度より、京都大学環境安全保健機構 健康管理部門では
「大学から人々と社会の身体的・精神的な健康を創造する」を目標に、
Healthy Campusの取り組みを行っていきます。

 

その最初のメインイベントとして、
10月に「ウォーキングチャレンジ―Walk to the moon!!」を開催します!
このイベントは4週間開催し(2017年10月1日~28日)、参加者の皆の歩数合計で、
地球から月までの距離を歩くことを目指します!

 

また、期間を通した1人あたりの1日の平均歩数が8,000歩を超えると
“KU Walkers” の称号が与えられ、抽選で豪華賞品をプレゼントします。

 

【賞品の例】

日本航空: JALのマイル 15,000マイル 5名※
(JALグループ国内線特典航空券 大阪―沖縄【普通席/往復】相当分)
※JALのマイルのお受け取りには、2017年9月30日までにJALマイレージバンクへの登録が必要です(入会金・年会費無料)。

オムロンヘルスケア:血圧計、体組成計など
京大生協:ヘルシー弁当利用券、生協オンバリュー券(1000円分)
サンスター:歯磨きトラベルセット、緑でサラナ、G・U・M PLAY

 

なお、1日の平均歩数が8,000歩に到達しなくても、もれなく、缶バッジの参加賞をさしあげます。

【参加賞:見本】※デザインは変わることがあります。

 

なぜウォーキングなのか?

ウォーキングは日常に取り入れやすい最も簡単な身体活動です。
健康日本21(健康増進法に基づく国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基本的な方針)でも、
日常生活における歩数の目標値を男性9200歩、女性8300歩としています。1日10000歩あるくと、健康に効果があると示した研究もあります。
運動としては見過ごされがちですが、ウォーキングは、体力をつけたり、カロリーを消費したり、 心臓病への予防にもつながります。

 

ウォーキングの利点

病気の予防:血圧や体質の改善、心臓病の予防につながると示されている*1。
ストレスの軽減:自然の中でのウォーキングは特にストレスを軽減につながると言われている*2。
心臓の強化:心臓の機能を促進し、強化するといわれている*3。

さらに重要な点は、健康の改善を行いながら、楽しんだり、新しい友達を作ることができることである。

 

1. Br J Sports Med. 2015; 49(11): 710?715.
2. Int J Environ Res Public Health. 2013;10(11):5603-28.
3. Circulation. 2014;129(21):2100-10.

 

現在、「ウォーキングチャレンジ―Walk to the moon!!」はやる気にあふれた参加者を募っています。
個人参加、チーム参加(2~5名)、どちらでもOK!
4週間、毎日の歩数を測定し、週1回、結果を登録するだけです!
興味を持たれた京都大学生、京都大学教職員の方々は
家族や友人も誘ってぜひ参加してみてください!

 

実施体制

主催:京都大学環境安全保健機構 健康管理部門/健康科学センター
共催:京都市(予定)、京都大学生活協同組合
協力:日本航空
協賛:オムロンヘルスケア、サンスター(50音順)

フィジカルの内容がここに入ります
栄養の内容がここに入ります
マインドの内容がここに入ります