健康診断

annualhc健康管理部門では学校保健安全法、労働安全衛生法、および京都大学規定(京都大学安全衛生管理規定33条等、京都大学学生健康診断規定)に基づき各種の健康診断を行っています。

学生健康診断

学生は健康診断を受検する義務があります。

学生一般定期健康診断

学部生、大学院生、科目履修生、研究生等、全学生が対象となります。

例年4月に実施されます。

学生期間外健康診断

定期健康診断終了後に入学、留学した学生が対象となります。

受検には所属長の依頼書が必要です。

学生特別定期健康診断(血液検査)

化学薬品等有害物質、腎症候性出血熱(HFRS)などに関連する作業を行う学生が対象となります。

 

職員健康診断

常勤職員および週20時間以上勤務する非常勤職員には健康診断を受検する義務があります。

職員一般定期健康診断

例年9月から10月に実施されます。

雇入時健康診断

常時(原則として週20時間以上)勤務する職員が対象となります。

受検にはWEBからの予約が必要です。

期間外職員健康診断

業務上の都合などにより一般定期健康診断を受診できなかった職員が対象となります。

受検には所属長の依頼書が必要です。

有害業務健康診断

病原体汚染業務・深夜業・異常気圧下業務等の特定業務や、有機溶剤・特定化学物質等の取り扱い等のある職員が対象となります。

 

海外派遣時健康診断

6ヶ月以上海外で業務に従事する職員および学生が対象となります。

出国時、及び帰国後3か月以内に受検する必要があります。

出国日の1か月前までに、受検申し込みの手続きを行ってください。