健康科学センター

IMG_3434

健康科学センターでは、実践の中で、各種疾患の予防や治療に関する疫学研究、健康診断や保健指導など日常の健康管理システムに関する開発研究を行い、日常 業務の現場からエビデンスを発信することを推進しています。教員は、大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康要因学の協力分野である予防医療学に所属する 教員として、多数のヒトを対象として観察や介入を行い病気の原因や医療の効果を評価する研究手法である「疫学」の授業の一翼を担い、臨床研究者養成 (MCR)コースでは個人指導(メンタリング)を担当しています。

 

教員

健康科学センター長・教授

川村 孝   臨床疫学  循環器の疫学

Researchmap

教授(健康管理部門長)

石見 拓   蘇生科学 救急医学 循環器病学 臨床疫学

Researchmap

准教授

武本 一美  精神医学  精神病理学

Researchmap

准教授

阪上 優  精神医学  予防精神医学

Researchmap

 

助教

上床 輝久  精神医学  児童青年精神医学

Researchmap

岡林 里枝  臨床疫学  一般内科の疫学

Researchmap

松崎 慶一  腎臓学   腎疾患の疫学

Researchmap

小林 大介  呼吸器学 呼吸器疾患の疫学

Researchmap

 

特定助教

木口 雄之 蘇生科学 救急医学の疫学

Researchmap

 

 

研究活動

「風 邪の予防に水うがいが有効[1]」「NSAIDで風邪の症状は緩和するが治癒は遅れる[2]」「働き盛りの突然死は4月や週末に多発する[3]」「一般市 民による心肺蘇生は胸骨圧迫が第一[4,5]」「AEDの普及で助かる命が増える[6]」「IgA腎症の10年後の透析導入を臨床指標で予測する[7]」 「鍼を用いた通電療法はパッドを貼る通電療法より肩こり治療効果が長持ちする[8]」「歯科医師自らが対象者となって歯と全身の健康関連を解明する [9]」「年齢限定のユニークな地域コホートでwell-beingの要因を探索する[10]など、きわめて身近で日々の健康管理や医療に直接役立つ研究 を行っています。多くは多施設共同研究で、全国の医療機関、健康管理施設、行政機関などと協力して研究を進めます。

 

 

研究領域

心肺蘇生研究

心 肺蘇生に関わる臨床研究、疫学研究、蘇生教育に関わるシミュレーション研究などを通じて、良質なエビデンスを発信し、救急医療、蘇生科学の発展に貢献する こと、そして、心臓突然死をはじめとする急性期疾患によって命を落とす方を少しでも減らしていくことを目指しています。医師だけでなく、看護師、救急救命 士など様々なバックグラウンド、組織に所属する仲間がチームで研究に取り組んでいます。

コモン・ディジーズ予防研究

風邪や、インフルエンザ、慢性腎疾患、肺炎から肩こりまで、誰もがかかる恐れのあるコモンディジーズ(一般的な病気)の予防を中心として、スタッフそれぞれの専門領域に基づく研究に取り組んでいます。

メンタル・ヘルス研究

青年期精神医学を核として、自閉症やADHDなどのいわゆる「発達障碍」の支援および治療研究、うつ病や統合失調症についての臨床精神医学的視点からの研究等、神経科スタッフの臨床実践に基づく研究に取り組んでいます。

産業保健・健康診断研究

教員全てが産業医を兼務しており、実践に基づく産業保健上の問題点や課題に注目することによって産業保健におけるエビデンスの確立を目指しています。

方法論研究(EBM、疫学)

研究の質を保ち信頼性を高めるために欠かすことのできない疫学的手法やEBMについての教育研究が全ての研究グループの基盤を支えます。

 

 

研究業績

  1. Satomura K, Kitamura T, Kawamura T, et al. Prevention of upper respiratory tract infections by gargling: a randomized trial. Am J Prev Med 2005; 29: 302-307.
  2. Goto M, Kawamura T, Shimbo T, et al. Influence of Loxoprofen use on recovery from naturally acquired upper respiratory tract infections: a randomized controlled trial. Intern Med 2007; 46: 1179-1186.
  3. Kawamura T, Kondo H, Hirai M, et al. Sudden death in the working population: a collaborative study in central Japan. Eur Heart J 1999; 20: 338-343.
  4. Iwami T, Kawamura T, Hiraide A, et al. Effectiveness of bystander-initiated cardiac-only resuscitation for patients with out-of-hospital cardiac arrest. Circulation 2007; 116: 2900-2907.
  5. Kitamura T, Iwami T, Kawamura T, et al. Conventional and chest-compression-only cardiopulmonary resuscitation by bystanders for children who have out-of-hospital cardiac arrests: a prospective, nationwide, population-based cohort study. Lancet 2010; 375: 1347-1354.
  6. Kitamura T, Iwami T, Kawamura T, et al. Nationwide public-Access defibrillation in Japan. N Engl J Med 2010; 362: 994-1004.
  7. Goto M, Kawamura T, Ando M, et al. A scoring system to predict renal outcome in IgA nephropathy: a nationwide 10-year prospective cohort study. Nephrol Dial Transplant 2009; 24: 3068-3074.
  8. Yoshimizu M, Teo A, Ando M, Kiyohara K, Kawamura T. Relief of chronic shoulder and neck pain by electro-acupuncture and transcutaneous electrical nervous stimulation: a randomized crossover trial. Medical Acupuncture 2012; 24: 97-103.
  9. Wakai K, Naito M, Naito T, Nakagaki H, Umemura O, Yokota M, Hanada N, Kawamura T. Longitudinal evaluation of multi-phasic, odontological and nutritional associations in dentists (LEMONADE Study): study design and profile of nationwide cohort participants at baseline. J Epidemiol 2009; 19: 72-80.
  10. Kitamura T, Kawamura T, Tamakoshi A, Wakai K, Ando M, Ohno Y. Rationale, design, and profiles of the new integrated suburban seniority investigation (NISSIN) project: a study of an age-specific, community-based cohort of Japanese elderly. J Epidemiol 2009; 19: 237-243.

 

 

予防医療学における大学院生の募集要件(原則)

2007.1.4改訂(2013.5.18現在)

社会健康医学系専攻・専門職学位課程(MPH(2年)コース)

  1.  医療の国家資格を持っていること。
    研究のフィールドに医療面で貢献できる。
  2.  実務経験(2年以上)があること。
    実務から発した疑問を実務の場で解決する。
  3. 研究課題の展望を持ち、研究のフィールドを持っていること。
    こちらからは全員にフィールドやデータを提供できない。
  4. 2年間学業に専念できること。
    仕事の片手間にできるものではない。
    週末に1日ぐらいのアルバイトは可。

    註1)予防医療そのものを教えるわけではない。予防に限らず治療医学も含めて医療の研究のための方法論をトレーニングする。 大学院は研究をするところ。職業学校ではない。

    註2)就職の世話はしていない。

社会健康医学系専攻・臨床研究者養成コース(MCR(1年)コース)

  1. 医師または歯科医師に限る。
  2. 実務経験(2年以上)があること。
    実務から発した疑問を実務の場で解決する。
  3. 研究課題がほとんど決まっており、研究のフィールドを持っていること。
    こちらからは全員にフィールドやデータを提供できない。
  4. 1年間学業に専念できること。
    後半の半年も多忙。
    週末に1日ぐらいのアルバイトは可。

社会健康医学系専攻・博士後期課程(DPH(3年)コース)

  1. 職業的研究者を目指すためのコースである。
  2. 医療の国家資格を持っていること。
    研究のフィールドに医療面で貢献できる。
  3. 実務経験(2年以上)があること。
    実務から発した疑問を実務の場で解決する。
  4. 研究ツールである疫学と統計学の両方に習熟し、かつ実践経験を持っていること。
    未修得の人は「専門職学位課程」から入っていただく。
  5. 日頃から英語文献を扱い、かつ自身も英語で論文が書けること。
    英語で情報を収集し、英語で情報発信するため。
  6. 自律的に研究を進めていくだけの能力と研究のフィールドを持っていること。
    教員はsuperviseするが、特別な世話はしない。
  7. ある程度の研究実績があるか、その見通しが立っていること。
    3年で学位を取るためには2年次の終わりに英文論文ができあがっている必要がある。
  8. スタッフに準ずる立場として、予防医療学教室(健康科学センター)の研究や教育、日常業務を分担することがある。
  9. 3年間学業に専念できること。
    週に1日ぐらいのアルバイトは可。

医学専攻・博士課程(Ph.D(4年)コース)

  1. 医師に限る。
  2. 実務経験(2年以上)があること。
    実務から発した疑問を実務の場で解決する。
  3. 研究課題の展望を持ち、研究のフィールドを持っていること。
    こちらからは全員にフィールドやデータを提供できない。
  4. 4年間学業に専念できること。
    週に1~2日ぐらいのアルバイトは可。
  5. スタッフに準ずる立場として、予防医療学教室(健康科学センター)の研究や教育、日常業務を分担することがある。

お問い合わせ

健康科学センター 075-753-2426