研究成果公表のお知らせ(2016.10.27_NEJM)

公共の場所へのAEDの設置台数の増加に伴う、市民による電気ショックの実施によって心停止傷病者の救命者数が増加したことを実証

石見拓教授(附属健康科学センター)、北村哲久助教(大阪大学医学研究科)らの蘇生グループによる研究成果が本日(2016.10.27)発行の New England Journal of Medicine にて公開されました。

http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMsa1600011

国家規模でのAEDの普及が心臓突然死対策として有効であることが示唆され、世界的
にAEDのさらなる普及の後押しに繋がると考えられます。一方で、AEDの普及台数に対
して救命された人数は不十分とも言え、さらにAEDの利活用を促すための教育と実践
のための社会運動を進めていく予定です。
スマートフォンなどのSNSを活用して、AEDと救助者を効率よく心停止現場に派遣す
る取り組みなど、AEDの活用率を高める仕組の構築と評価も進めています。